ネットでできる引越し見積もり取得

今や引越しは業者に頼むのがあたりまえですよね。単身で近距離引越しの方は自分で荷物を運ぶということもできますが、家族での引越しとなると荷物の量が多いので自分たちというのは難しいです。引越し業者を決めるにはまずは見積りを取るのが重要です。

 

いまは電話で一件一件見積依頼をしなくてもネットで数件の見積りが一括で取れます。ここで気になった数件の引越し業者に訪問見積もりをしてもらいましょう。

 

665

見積り担当者が提示してきた金額が思った金額と違うときは他社の見積り額を伝えてみましょう。そうするとギリギリの料金まで下げてくる可能性があります。今、決めてくれたら安くなるみたいなセリフを言う業者はチョット注意したほうが良いでしょう。

 

今決めなくても基本的には引越し料金は変わるようなものではないのです。引越し料金がコロコロ変わるのはどんぶり勘定の業者で、作業内容もそれなりだと思ったほうが良いでしょう。しかし、自分の方からこれくらい負けてくれたら決めると言って交渉して、希望金額になった場合は成功と言えると思います。ここで決めたとき内金を求められても支払ってはいけません。内金は法律で禁止されているので、求める業者は要注意です。訪問見積もりを受けた後、業者を利用した人の口コミなどを参考にじっくりと考えたほうが良いです。

 

 

引越し料金を4安くするコツ

 

引越し料金を少しでも安くしたい!そんな風に思っていないでしょうか?そこで、少しでも安くなる『コツ』を紹介したいと思います。

699

 

まずは引越しを安く済ませるコツの一つ目は引越しをする時期と引越しのプランを考えることです。3~4月の繁忙期は依頼が殺到するので業者は強気な金額なっていて、閑散期に比べると料金は5割増となっています。できることなら繁忙期を避けるのが良いのですが、転勤などはずらしたくても出来ないとこがありますよね。

 

 

そんなときは平日・仏滅、春休みをズラすことで少し安くなります。1年を通しても土・日・祝日は平日に比べると高く設定されています。とにかく引越し 3月は業者の稼ぎどきでもありますので価格には十分に注意をいたしましょう。

 

 

二つ目の安くするコツは引越しをする時間帯を選ぶことです。引越しは午前便・午後便の2つにわかれていて、午前便は時間指定できますが、午後便は時間指定ができません。午前の引越しが終わったら作業が開始というスタイルをとっているので何時に始めるかは業者次第なので、午後便は安くなります。安くなりますが繁忙期では作業開始が夜中なってしまうなんてリスクもあります。

 

 

三つ目のコツは作業員の人数です。作業員の人数を少なくすると料金が安くなります。ただし、引越しに時間がかかってしまいます。なるべく早く済ませたい方や荷物が多い方は人数を減らさないほうが良いかもしれません。安くするコツの一番良い方法は引越し料金とサービス内容を一括見積りをとって比べるのことなのかもしれません。